「ディズニー英語」無料サンプルプレゼント!

お弁当の食中毒原因と予防対策!子供にぴったりのお弁当箱14選紹介

スポンサーリンク
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
食中毒の原因と対策!夏におすすめ子どもお弁当箱【14選】 子育て情報
この記事は約9分で読めます。

夏が近づくと、食中毒が心配になりますよね。特に、気温が高くなる梅雨から夏にかけて、食品が腐りやすい季節です。

食中毒の原因とその予防方法、さらに子ども用のおすすめお弁当箱をお探しではないですか?

しかも、SNSで映えるようなお弁当箱がいいですよね。

こんなお悩みありませんか?
  • 食中毒の原因を知りたい!
  • 食中毒の対策や対策グッズを教えて欲しい…
  • 子どもにおすすめのお弁当箱を知りたい!
  • あわよくばSNS映え狙いたい!(笑)

この記事では、夏場の食中毒を防ぐためのポイントと、子どもたちにぴったりのお弁当箱を14選紹介します。

美味しく、安全なお弁当で、大切なお子さんを守りましょう。

shinpeee

初めまして、しんぴーです!
(男の子・小6:男の子・小4:女の子・小2=3児パパ)
【3児のパパガー】が「ちょっとずるい!?0歳〜12歳までを対象とした“神サービス“」を発信、運営してます
少しでも皆様のお役に立てればと思います。応援よろしくお願いします^^

shinpeeeをフォローする

スポンサーリンク

夏のお弁当づくりで気をつけたい食中毒の原因菌と主な症状

夏のお弁当づくりで気をつけたい食中毒の原因菌と主な症状

暑い夏は食中毒菌が活発になり、お弁当での食中毒が増えます。

原因菌にはサルモネラ菌など。主な症状は下痢や嘔吐、発熱です。

高温時は衛生面に気をつけ、しっかり加熱しましょう。

ここでわかること
  • 夏のお弁当作りで気をつけたい!食中毒の原因菌とは?
  • 食中毒の怖い症状に注意!予防対策の重要性

夏のお弁当作りで気をつけたい!食中毒の原因菌とは?

夏のお弁当作りで気をつけたい!食中毒の原因菌とは?

夏は食中毒が増える季節です。

原因は暑くなり、サルモネラ菌や腸炎ビブリオ菌、黄色ブドウ球菌などの細菌が20℃~40℃の温度で活発に活動し、増殖しやすくなるためです。

お弁当づくりでは、食材の保存方法や調理環境の清潔さにも気をつける必要があります。

手作りのお弁当を持参する際は、食中毒予防のポイントをしっかり守りましょう。

食中毒の原因菌
  • サルモネラ菌
  • 腸炎ビブリオ菌
  • 黄色ブドウ球菌

食中毒の怖い症状に注意!予防対策の重要性

食中毒の怖い症状に注意!予防対策の重要性

食中毒になると、激しい腹痛、下痢、嘔吐などの症状が出ます。

重症化すると入院治療が必要な場合もあるので注意が必要です。

このような痛ましい症状を防ぐためにも、しっかりとした食中毒予防対策が大切です。

適切な温度管理や調理環境の徹底、食材の安全性確認など、確実な予防策を実践しましょう。

食中毒の主な症状
  • 激しい腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐
助手
助手

食中毒を安易に考えてはダメ!
数人ですが死者も出ています。


お弁当作りの基本!食中毒予防の簡単な3ステップ

お弁当を作る前の準備で気を付けること

美味しくて安全なお弁当を作るためには、食中毒対策が欠かせません。

食中毒リスクを最小限に抑えるための簡単な3ステップを紹介します。

簡単にできる3ステップ
  1. 手洗い時は、温水と石鹸で20秒以上手を洗う
  2. 調理器具の消毒:熱水や消毒液で包丁やまな板を除菌
  3. お弁当箱の除菌:スプレーや熱湯で弁当箱を消毒

これらの3ステップを怠らずに実践し、食中毒予防に気をつけましょう。

お弁当作りの第一歩!入念な手洗いで食中毒リスクを下げよう

お弁当作りの第一歩!入念な手洗いで食中毒リスクを下げよう

お弁当づくりの基本は、石けんで丁寧に手を洗うことから始まります。

手洗い後は水気をよく拭き取り、作業中にもアルコール消毒をすると良いでしょう。

また、使用するタオルや布巾は定期的に新しいものに取り替えることで、菌の増殖を防ぎ、食中毒リスクを下げられます。

入念な手洗いとタオル管理で、安全なお弁当づくりを心がけましょう。

セブンエステ
¥2,337 (2024/06/06 20:12時点 | Amazon調べ)

食中毒予防に必須!まな板と包丁の確実な洗浄と消毒方法

食中毒予防に必須!まな板と包丁の確実な洗浄と消毒方法

お弁当づくりで使うまな板や包丁などの調理器具を清潔に保つことが大切です。

特にまな板は傷が付きやすく、雑菌が残りがちなので、使用後は丁寧に洗浄し消毒する必要があります。

調理の合間にも器具の消毒をおすすめします。

生の食材を扱った後は、漂白剤を使って確実に除菌しましょう。

適切な洗浄と消毒で、安全なお弁当作りを実現できます。

しんぴー
しんぴー

使い終わった牛乳パックをまな板に敷いて使えば、直接雑菌がつきにくく、使い終わったらそのまま捨てられるので、とても楽です!

しんぴー
しんぴー

夏の季節だけでなく1年通して行うのがおすすめです

お弁当づくりで見落とせない!お弁当箱の除菌と食材の冷却が大切

お弁当づくりで見落とせない!お弁当箱の除菌と食材の冷却が大切

お弁当作りの際は、お弁当箱をしっかり洗って乾かし、消毒スプレーで除菌・抗菌処理をしましょう。

ご飯やおかずを詰める前に、20〜40℃の菌が増えやすい温度帯を避け、食材を十分に冷やすことが重要です。

急ぐ時は保冷剤やアルミ皿で効率よく冷却できます。

プラ製の弁当箱は使い古すと雑菌が増えやすいので、定期的に新しいものに替えるのも予防対策の一つです。

除菌と食材の冷却を怠らず、衛生的なお弁当づくりを心がけましょう。

しんぴー
しんぴー

1年に1度買い替えがおすすめ!
毎年いろんなお弁当箱が出ているので選ぶ楽しさもありますよ


お弁当での食中毒予防!加熱調理と生食材の注意点

お弁当での食中毒予防!加熱調理と生食材の注意点

お弁当づくりでは、おかずをしっかり加熱することが食中毒予防に重要です。

生の食材は水分が多く腐敗しやすいため、加熱不足や生食を避けましょう。

調理時は安全な温度管理を徹底し、必要以上に生の食材を使わないよう気をつけましょう。

おかずの十分な加熱と生食材の控えめな使用で、安心安全なお弁当作りを心がけましょう。

食中毒予防のために加工食品も十分加熱を!お弁当作りの重要ポイント

加工食も十分な加熱をしましょう

お弁当づくりで肉や魚をしっかり加熱することは基本ですが、ハム、かまぼこ、ちくわ、魚肉ソーセージなどの加工食品についても、食中毒対策として十分な加熱が推奨されます。

これらの加工食品を加熱することで、より安全なお弁当を実現できます。

生で食べられる食品でも菌が付着している可能性があるため、確実な加熱処理を行うことが大切です。

食中毒リスクを最小限に抑えるため、手づくりのお弁当では加工食品の加熱も怠らないようにしましょう。

加熱がオススメ!
  • ハム
  • かまぼこ
  • ちくわ
  • 魚肉ソーセージ

お弁当の衛生対策に!保冷剤や抗菌シートなどの便利グッズ

お弁当の衛生対策に!おすすめの保冷剤や抗菌シートなどの便利グッズ

お弁当を美味しく安全に食べるための便利なアイテムがあります。

保冷剤や保冷バッグ、お弁当用の抗菌シートなどは、食品の新鮮さを保ちながら食中毒を予防する役割があります。

これらのグッズを上手に活用して、いつでも衛生的で美味しいお弁当を楽しみましょう。

お弁当作りの強い味方になる便利グッズを取り入れて、安全対策を万全に。

おすすめアイテム
  • 保冷剤
  • 保冷バッグ
  • お弁当抗菌シート

お弁当の温度管理に欠かせない!便利な保冷剤の上手な使い方

お弁当の温度管理に欠かせない!便利な保冷剤の上手な使い方

食中毒リスクを下げるためには、お弁当の温度管理が重要です。

そこで活躍するのが保冷剤です。

手軽に手に入り、使い方も簡単で弁当箱の上に置くだけで中の空気を冷やし続けてくれます。

保冷剤を上手に使えば、おかずの新鮮さを長持ちさせ、食中毒のリスクを最小限に抑えられます。

保冷剤はお弁当作りの必需品なので、ぜひ活用し、安全で美味しいお弁当を楽しみましょう。

しんぴー
しんぴー

時間が足りない方は、レジャー用の保冷剤がおすすめ!
キャンプやBBQの保冷剤にも使え、無駄なく使えるよ!

ロゴス(LOGOS)
¥3,138 (2024/06/06 20:12時点 | Amazon調べ)

お弁当の温度管理に便利な保冷バッグの選び方と使い方

お弁当の温度管理に便利な保冷バッグの選び方と使い方

お弁当の温度を長時間キープするには、保冷バッグが大活躍します。

保冷バッグは内側にアルミ素材を使い、外からの温度の影響を受けにくく、中の温度を保持する効果があります。

さらに保冷剤と組み合わせれば、より長時間おかずを冷たく保つことができます。

デザインやサイズも様々なので、用途や好みに合わせて選べます。

保冷効果の高い便利な保冷バッグを上手に活用して、おいしいお弁当を食べられる環境を整えましょう。

サーモス(THERMOS)
¥3,550 (2024/06/05 10:15時点 | Amazon調べ)
先輩ママ
先輩ママ

中のアルミ素材はサッと拭くだけで簡単に汚れが落とせるからお手入れも楽々♪

お弁当の衛生対策に便利!かわいいデザインの抗菌シートの魅力

お弁当の衛生対策に便利!かわいいデザインの抗菌シートの魅力

おかずの上に置くだけで抗菌効果のある便利なアイテムが抗菌シートです。

使い方はとてもカンタンで、様々なかわいいデザインが揃っているので、楽しみながらお弁当作りができます。

特に子ども向けのキャラクター柄の抗菌シートは、お弁当の見た目が可愛くなり、子供も喜ぶでしょう。

手軽に衛生面の安心感が得られる抗菌シートは、おすすめのお弁当グッズです。

デザイン性と抗菌力の両立で、より安全で楽しいお弁当ライフを実現できます。

しんぴー
しんぴー

地域よっては、お弁当が特別な日だけの場合もあるので工夫があると喜ばれます♪