「ディズニー英語」無料サンプルプレゼント!

温度・湿度のエアコン設定は、なに?暑い夏を快適に寝る方法♪

スポンサーリンク
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
温度・湿度のエアコン設定は、なに?暑い夏を快適に寝る方法♪ 睡眠
この記事は約8分で読めます。

厳しい夏の日、熱帯夜が続き
あなたはこんな『悩み』ありませんか!?

あなたの『悩み』
  • エアコンの温度設定がわからない…
  • 夏用寝具の選び方は?
  • そのほかので対策できないかな…?

特にお子さまの睡眠低下は、

成長にも関わるので心配ですよね?

この記事を最後まで読むことで、
あなたの悩み解決します!

熱帯夜でも快適に寝れるようになる
情報を紹介します!

この記事でわかること
  • 温度・湿度を制し、快適睡眠を手に入れよう
  • 夏用寝具・布団で快適な睡眠時間を
  • 薄手の寝間着・パジャマ工夫しよう
しんぴー
しんぴー

この記事が少しでも、
見てくれている皆様の
お役に立てばと思います。

さっそく見ていきましょう!

shinpeee

初めまして、しんぴーです!
(男の子・小6:男の子・小4:女の子・小2=3児パパ)
【3児のパパガー】が「ちょっとずるい!?0歳〜12歳までを対象とした“神サービス“」を発信、運営してます
少しでも皆様のお役に立てればと思います。応援よろしくお願いします^^

shinpeeeをフォローする

スポンサーリンク

温度・湿度を制し、快適睡眠を手に入れよう

夏の夜は、25℃以上の熱帯夜で寝苦しく
大人・子どものたちの睡眠に影響しそうですよね…

こちらでは、

  • 『エアコンの温度と湿度』
  • 『エアコン+サーキュレーター』

紹介・解説していきます!

快適は、『室内温度26℃~28℃』・『湿度40%~60%』

夏の寝苦しさを軽減するためには、
『寝室の温度と湿度管理』が重要です。

ただ、
エアコンの設定温度を低くするだけでは、
逆に睡眠の質を下げてしまったり
夏風邪の原因になる可能性があります。

そこで、以下の設定にすることが大切です。

しんぴー
しんぴー

設定温度と湿度は、子どもが布団を
蹴り飛ばす事も想定してます!笑

  • 『室内温度26℃~28℃』
  • 『ドライ・除湿運転
  • 湿度は、40%~60%』


設定すると心地よく寝れるのでおすすめです!

夏の寝苦しさを軽減し、
質の高い睡眠を得ることができます。


個人の好みや体感温度に
合わせて調整してみてください!

助手
助手

最新のエアコンは、
ハイテクで温度調整機能も
優れているため、
つけっ放しでも問題ありません♪

エアコン+サーキュレーター

エアコン+サーキュレーター

サーキュレーター扇風機を併用することで、
お部屋の空気を効果的に循環させることができます。

エアコンを使用していても、
空気が滞ってしまうと熱がこもり、
体感温度が上昇してしまいます…

サーキュレーター扇風機は、
適度な風を起こしてくれるため、
室内温度が『26℃~28℃』でも
体感温度が低く感じられ、
心地よく眠ることができます。

ただし、
直接的に身体に風を当てると
身体が冷えてしまうため、
天井や壁に向けて空気を
循環させるのがおすすめです。

これにより、快適な風が部屋全体に広がり、
熱がこもらずに眠りにつくことができます。

ぜひ、サーキュレーター扇風機を上手に活用して、
夏の寝苦しさを減しましょう!

しんぴー
しんぴー

我が家も
エアコン+サーキュレーター

「リビング」「寝室」
2部屋で使っているよ♪
サーキュレーターも
タイマー機能有るタイプがおすすめ♪


夏用寝具・布団で快適な睡眠時間を

こちらでは、
暑い夏を快適に過ごすための必須アイテム!

『夏用寝具・布団の選び方やおすすめアイテム』
ついて詳しく解説します。

ぜひ参考にしてください!

夏用掛布団・涼しい寝具: 選び方とおすすめアイテム

暑い夏の寝るときには、快適な寝具選びが重要です。

涼しさを追求するために、
夏用掛布団を選ぶことがおすすめです。

ここでは、
『夏用掛布団の選び方と涼しさを
手に入れるおすすめアイテム』
ついて紹介します。

素材の選び方
  • 通気性の高い天然素材
    • 『綿や麻などの天然素材』は、
      通気性に優れていてムレを軽減します。
  • 吸湿性のある素材
    • 『吸湿性が高い素材』は、
      汗を吸い取り、さらっとした寝心地
      体感できます。
薄さと軽さのバランス
  • 薄めの掛布団
    • 厚すぎない薄めの掛布団を選ぶことで、
      熱がこもりにくくなります。
  • 軽量な素材
    • 軽い素材を選ぶと、
      動きやすさや通気性が向上し、
      快適な眠りをサポートします。
夏用の涼しい寝具
  • クールタッチ素材
    • クールタッチ素材は、
      触れた瞬間に涼しさを
      感じられる特殊な素材です。
  • 涼感加工された掛布団
    • 涼感加工された掛布団は、
      熱を適度に放散し、
      快適な寝心地を提供します。

夏用掛布団の選び方やおすすめアイテムを理解して、
暑い夏でも涼しい睡眠環境を作りましょう。

適切な寝具選びは、
快適な眠りと疲労回復に大きく影響します。

自分に合った夏用掛布団を見つけて、
心地よい睡眠を手に入れましょう!

しんぴー
しんぴー

わが子たちだけかも知れませんが、
ほとんど掛布団の意味を

成していません(笑)

通気性の高い夏用敷布団: 寝心地と涼しさを両立するためのポイント

快適な夏の睡眠を追求するなら、
通気性の高い夏用敷布団の選び方に注目しましょう。

寝心地と涼しさを両立させるためのポイント
ご紹介します。

通気性の高い素材

夏用敷布団を選ぶ際には、
通気性の高い素材を選ぼう!


『天然素材』『吸湿性』のある素材を
使用した敷布団は、
空気の流れを促進し、ムレを軽減します。

薄さとクッション性のバランス

夏用敷布団は『薄くて軽いもの』
選ぶのがオススメ!


薄い敷布団は体にフィットしやすく、
熱がこもりにくい特徴があります。


しかし、適度なクッション性も大切ですので、
バランスを考えて選びましょう。

洗濯可能なカバー

汗をかく夏には、敷布団の清潔さも重要です。


洗濯可能なカバーを持つ夏用敷布団を選ぶことで、いつも清潔な状態を保つことができます。

快適な寝具の組み合わせ

敷布団だけでなく、
シーツや枕などの寝具も涼しさと快適さに影響を与えます。


通気性の高い素材を使用したシーツや、
適切な高さとクッション性のある枕
組み合わせを考えるとGOOD!

助手
助手
  1. マットレス
  2. すのこ・吸湿シート
  3. 敷布団

順番で敷くと『ムレ対策』もできるよ♪

涼感枕でサポート: 夏の熱さに負けない選び方とおすすめアイテム

暑い夏の寝るときに快適さを追求するために、
涼感枕の選び方に注目しましょう。

熱さに負けない寝具として、
涼しさを提供する涼感枕がおすすめです。

涼感枕の選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

涼感素材の選択

涼感枕を選ぶ際には、
涼しい素材を備えたものを選びましょう。

吸湿性の高い素材や冷感効果のある素材が熱を逃がし、快適な寝ている間に涼しさをキープします。

高さとサポート性の調整

快適な寝姿勢と首のサポートを考えるために、
涼感枕の高さとサポート性を調整できるものを
選ぶことが重要
です。

自分の身体に合った調整ができる枕を選んで、
より快適な睡眠を実現しましょう。

清潔な状態を保つ

夏は汗をかくことが増えるため、
清潔な状態を保つことが大切です。

洗濯可能な枕カバーや抗菌・防臭効果
ある枕を選ぶことで、常に清潔な枕
使用することができます。

個人の好みに合わせて選ぶ

枕の硬さや形状は個人によって好みが異なるため、
自分に合った涼感枕を選ぶことが大切です。

実際に触れて試してみるか、口コミやレビュー
参考にして選ぶと良いでしょう。

しんぴー
しんぴー

夏場は汗もたくさんでるから洗濯回数も
増やして清潔にしよう♪

冷感カバーは、ほとんどの製品が
洗濯出来るから安心してね♪


薄手の寝間着・パジャマ工夫しよう

薄手の寝間着・パジャマ工夫しよう♪

暑い夏の夜、快適に眠るためには、
薄手の寝間着やパジャマの工夫が重要です。

涼しさと快適さを追求するための
ポイント
をご紹介します。

通気性の高い素材

薄手の寝間着やパジャマを選ぶ際には、
通気性の高い素材を選びましょう。

吸湿性がある天然素材を選択すると、
汗をかいてもサラッとした感触が維持されます。

身体にフィットするサイズ感

快適な睡眠を促進するためには、
身体にフィットするデザインの寝間着やパジャマ
選ぶことも大切です。

ゆったりとしたサイズやストレッチ素材を選ぶと、
動きやすさと快適さが両立します。

無駄なデザインを避ける

簡素なデザインの寝間着やパジャマを選ぶことで、
不必要な装飾や厚みを避けることができます。

シンプルなデザインは通気性を高め、
ムレや熱を抑える効果
があります。

汗を素早く吸収する

汗をかきやすい夏には、
寝間着やパジャマが素早く汗を
吸収することが重要!

吸湿性の高い素材を選ぶか、
吸水性のある寝間着を着用すると、
快適な睡眠環境をキープ
できます。

薄手の寝間着やパジャマの選び方に注意し、
涼しさと快適さを両立させましょう。

心地よい睡眠は、
リフレッシュ感や目覚めの良さにもつながります。