「ディズニー英語」無料サンプルプレゼント!

子どもの理想の睡眠時間は?温度・湿度に注意!寝不足の原因を解説

スポンサーリンク
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
子どもの理想の睡眠時間は?温度・湿度に注意!寝不足の原因を解説 睡眠
この記事は約7分で読めます。

子ども年齢別の理想睡眠は、ご存じですか!?

子どもの理想的な睡眠時間と寝不足がもたらす影響についてご紹介します。

記事では、理想的な睡眠時間のほかに、健康的な睡眠環境の整え方や、より質の高い睡眠を得るための方法も解説しています。

また、睡眠不足が引き起こす健康への影響や学習に与える影響についても詳しく取り上げています。

子どもたちがより良い睡眠を得て、元気に過ごせるようにお手伝いします♪

しんぴー
しんぴー

この記事が少しでも、
見てくれている皆様の
お役に立てばと思います。

さっそく見ていきましょう!

shinpeee

初めまして、しんぴーです!
(男の子・小6:男の子・小4:女の子・小2=3児パパ)
【3児のパパガー】が「ちょっとずるい!?0歳〜12歳までを対象とした“神サービス“」を発信、運営してます
少しでも皆様のお役に立てればと思います。応援よろしくお願いします^^

shinpeeeをフォローする
スポンサーリンク
子どもの理想睡眠時間は?

子どもの理想的な睡眠時間を知っていますか?
睡眠は子どもの健康に大きな影響を与えます。

理想的な睡眠時間を知ることで、子どもの成長や学習に役立つ情報を得ることができます。

こどもの理想睡眠時間

子ども理想の睡眠時間
月齢理想の睡眠時間
~12ヶ月12時間~16時間
1歳~2歳11時間~14時間
3歳~5歳10時間~13時間
6歳~12歳9時間~12時間
お昼寝時間も含みます

子どもには睡眠がとても大切

特に小さく幼い子どもほど、たくさんの睡眠時間を必要になってきます。

睡眠不足は

  • 成長の遅れ
  • 食欲不振
  • 注意力や集中力の低下
  • 眠気、疲労感

などをもたらします。

特に子供の場合、眠気をうまく感じ取れず、イライラや多動、衝動行為として現れる子どもの成長に影響が出る場合があります!

しんぴー
しんぴー

成長に欠かせない「睡眠ゴールデンタイム」っていうのもあるよ

子どもの平均睡眠時間は?

子どもの平均睡眠時間は?
子育てママ
子育てママ

理想の睡眠時間は、分かったけど実際の平均睡眠時間ってどうなっているの?

子どもの平均睡眠時間
月齢実際の平均睡眠時間理想の睡眠時間
3歳10時間25分10時間~13時間
4歳9時間54分10時間~13時間
5歳9時間38分10時間~13時間
6歳9時間18分9時間~12時間
7歳9時間9時間~12時間
8歳8時間53分9時間~12時間
9歳8時間37分9時間~12時間
子育てパパ
子育てパパ

全体的に理想の睡眠時間に届いてないことがわかるね💦

プレママさん
プレママさん

寝不足だとどんな影響があるのかしら?

子どもの寝不足で起こる悪影響は?

前の見出しでも解説しましたが、より詳しく解説していきます!

睡眠時間が不足すると、常に眠たく、集中力が低下し、経験や記憶が定着しづらくなると言われています。

また、睡眠不足は記憶力の低下や脳の発達にも悪影響を及ぼします。

成長ホルモンの分泌不足は身体の成長にも影響し、幼少期からの睡眠不足は生活習慣病のリスクを高める可能性もあるため、注意が必要です。

さらに、睡眠が不十分な状態が続くと、免疫機能の低下やストレス耐性の低下につながることもあります。

これは子供たちの健康にとっても重要な点です。

正しい睡眠は身体や心の健康を保つために不可欠です。
適切な睡眠時間を確保し、子供たちが健やかに成長する手助けをしましょう。

プレママさん
プレママさん

学力や身体能力にも関わるから、安易に考えたダメだね!

子どもたちが寝不足になる原因は?

子どもたちが寝不足になる原因は?

小さな子供たちは、親の生活スタイルが睡眠に影響を与える要因です。

  • TV
  • ゲーム
  • 勉強
  • スマホ・SNS

など、様々な原因が睡眠に影響を及ぼします。

特に「なんとなく夜更かししてしまう」ことが多いですね。
また、週末に遅く起きていて、月曜日になると寝不足が続く子供もいます。

適切な睡眠は成長や学習にも大きく影響し、子供たちの体や心の発達に欠かせない要素です。

規則正しい睡眠習慣を身につけることは、健康な生活を送るためにとても重要です。

しんぴー
しんぴー

寝不足は、心身共にメリットがない!
寝不足にさせないにようにする事が大切!

早寝早起きのコツ・眠りやすい環境づくり

良い眠りを得るためのコツと、眠りやすい環境づくりについて解説!

早寝早起きのコツを知り、より質の高い睡眠を手に入れるためのヒントをお伝えします。

2時間前の入浴がおすすめ!

2時間前の入浴がおすすめ!

お風呂から出た後、体温が高くなり、寝つきが悪くなったり、寝汗による冷えの原因にもなります。
なので「寝る2時間前の入浴」がおすすめです。

時間をかけて体温を落とすことで、子供たちが快適に眠りにつくことができます。

また、湯船にゆっくり浸かることでリラックス効果もあります。
お風呂の時間はリラックスのひと時として、子供たちに安らぎをもたらします。

リラックスした状態で眠ることが質の良い睡眠に繋がります。

寝る1時間前から部屋の照明を暗くしよう

寝る1時間前から部屋の照明を暗くしよう

睡眠や入眠を妨げる原因の一つに「照明や電気」が挙げられます。

電化製品のランプなどの微細な明かりでも、睡眠に悪影響を与えるとされています。

照明を暗くして、落ち着いた環境を整えることで自然な眠りをサポートできます。

しんぴー
しんぴー

暗闇が苦手なお子さまもいるので過剰にやりすぎるのはNGです。
我が家の子ども達も暗闇が苦手なので、明りが薄い間接照明を使用しています♪

スマホをベットに持ち込まない

スマホをベットに持ち込まない

ブルーライトは眠りを妨げます!

スマートフォンやタブレットの画面から放出されるブルーライトは、寝る前に見ることで覚醒をうながし、入眠を遅らせる可能性があります。

特に子供たちはこれに敏感で、親が寝かしつけ中にスマホを見ていると、子供も興味を示すことがあります。

なので、できるだけスマホの使用を控えるか、ブルーライトをカットするアイテムを利用することが睡眠の質を保つ上で役立ちます。

しんぴー
しんぴー

かなりの確率で、子ども達に気になって寝られないと言われるよ!

起きたときに朝日を浴びよう

起きたとき、朝日を浴びよう

朝日の光を浴びることで体内時計がリセットされます。

朝に光を浴びると「メラトニン」として知られる睡眠ホルモンの分泌が抑制され、睡眠圧(睡眠欲求)が抑えられます。
暗くなると自然に眠気が訪れるようになります。

朝、カーテンを開ける習慣を身につけることで自然な光を浴びられるようにしましょう!

しんぴー
しんぴー

大人の方もオススメです♪
朝日を浴びて、背伸び・深呼吸でリセットしよう♪

部屋の温度・湿度を管理しよう

温度・湿度を管理しよう

部屋の「温度」・「湿度」をコントロールすることで快適な睡眠を得ることが出来ます!

夏と冬の場合で違うため解説していきます。

夏場の場合

夏場の場合
  • 室内温度26℃~28℃程度
  • 湿度50~60%
  • ドライ・除湿運転

室内温度を26℃から28℃に保つことが快適であり、湿度を50%から60%に調整することで適切な環境を維持できます。

特にドライや除湿運転を利用することで湿度の調整が可能です。

これらの設定が、快適な室内環境を保つのに役立ちます。

冬場の場合

冬場の場合
  • 室内温度20℃~23℃
  • 湿度50~60%
  • 暖房運転

エアコンを使用して室内を暖める場合、20℃から23℃の室内温度と50%から60%の湿度、そして暖房運転が推奨されます。

個人差はありますが、これらの設定がおすすめされます。

冬場の設定は健康上も重要で、寝汗や風邪の原因になる可能性があるため見直すことが大切です。

しんぴー
しんぴー

暑い夏・寒い冬エアコン必須だよね!
温度・湿度を制して睡眠を制そう!

温度・湿度を管理!子どもの睡眠「注意・寝不足・原因」まとめ
  • 理想の睡眠時間は?
月齢理想の睡眠時間
~12ヶ月12時間~16時間
1歳~2歳11時間~14時間
3歳~5歳10時間~13時間
6歳~12歳9時間~12時間
お昼寝時間も含みます
  • 子どもの平均睡眠時間は?
月齢実際の平均睡眠時間理想の睡眠時間
3歳10時間25分10時間~13時間
4歳9時間54分10時間~13時間
5歳9時間38分10時間~13時間
6歳9時間18分9時間~12時間
7歳9時間9時間~12時間
8歳8時間53分9時間~12時間
9歳8時間37分9時間~12時間
  • 寝不足の影響は?
    • 頭が働かず集中力が欠けてしまい、記憶力の低下につながる
    • 成長ホルモンの分泌量も減り、身体の成長にも大きく影響がある
    • 肥満などの生活習慣病につながる可能性もある
  • 寝不足になる原因は?
    • 親のライフスタイルによって睡眠に影響をあたえている
  • TV
  • ゲーム
  • 勉強
  • スマホ・SNS
  • 眠りやすい環境づくりが大切!
    • 寝る1時間前から部屋の照明を暗くしよう!
    • 寝かしつけの際に・寝るときは「スマホ」をベットに持ち込まない!
    • 起きたとき、朝日を浴び体内リセットしよう!
しんぴー
しんぴー

この記事が少しでも、
見てくれている皆様の
お役に立てばと思います。
では、また他の記事で^^