「ディズニー英語」無料サンプルプレゼント!

マンション&アパートのベランダでプール遊び!賢い選び方と便利なアイテム紹介!

スポンサーリンク
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
ビニールプールは、マンション・アパートでも遊べる?選び方と便利なアイテム紹介! 遊び
この記事は約9分で読めます。

マンション・アパートでプール遊びをしても大丈夫なの!?

そんな「悩み」や「疑問」を浮かべているかたは多くいると思います。

こんな悩みありませんか?
  • マンション・アパートでプール遊びしても大丈夫なの!?
  • マンション・アパートでプール遊びをするときの注意点は?
  • サイズ感だったり、便利なアイテムあるの?

マンション・アパートのベランダ・バルコニーでも、プール遊びは楽しめます。

マンション・アパートでプール遊びをする際の注意点は、子供の年齢とスペースに合わせて適切なプールを選び、モラル・マナーを守ることです。

サイズ感に合わせたプールの他、電動ポンプや屋根付きプールなど便利な小物アイテムを上手に活用しましょう。

準備から片付けまで気をつければ、子供と家族で思い切り遊べる夏を過ごせます。

この記事でわかること
  • マンション・アパートのベランダ・バルコニーでプール遊びする際の注意点
  • マンション・アパートでのプールの選び方
  • ベランダ・バルコニーのスペースに合わせてプールサイズを選ぼう
  • 仕掛け付きプールで選ぼう
  • プール遊びであると便利な小物アイテム
shinpeee

初めまして、しんぴーです!
(男の子・小6:男の子・小4:女の子・小2=3児パパ)
【3児のパパガー】が「ちょっとずるい!?0歳〜12歳までを対象とした“神サービス“」を発信、運営してます
少しでも皆様のお役に立てればと思います。応援よろしくお願いします^^

shinpeeeをフォローする

スポンサーリンク

マンション・アパートのベランダ・バルコニーでプール遊びする際の注意点

ベランダ・バルコニーでのプール遊びの注意点

マンション・アパートのベランダやバルコニーでプール遊びをする時は、モラル・マナーを守ることが何より大切です。

安全性も確認し、遊び終わったら片付けと排水にも気をつけましょう。

近隣への配慮と安全対策を怠らず、楽しくプール遊びを満喫しましょう。

プール遊びの注意点3つ
  • マンション・アパートでのプール遊び時のモラル・マナー
  • 子供をベランダ・バルコニーでプール遊びさせる際の安全確認
  • ベランダ・バルコニーでのプール遊び後の片付けと排水の注意点

マンション・アパートでのプール遊び時のモラル・マナー

マンション・アパートでのプール遊び時のモラル・マナー

マンション・アパートでは多くの人が生活しているため、ベランダやバルコニーで子供をプール遊びさせる際は、近隣への迷惑がないよう気をつける必要があります。

遊び時間は短めにし、大きな声を出したり騒いだりしないよう約束をするといいです。

水鉄砲などの飛び道具の使用は避け、プールの水が柵の隙間から漏れて下の部屋に落ちないよう気をつけましょう。

住民同士が気持ちよく暮らせるよう、マナーを守った上で楽しくプール遊びをさせましょう。

  • 短時間にしておく
  • 大きな声で騒がないようきちんと言い聞かせる
  • 水鉄砲等飛び道具は使わないようにする
  • 柵の隙間などからプールの水が下の階へと落ちていかないようにする

子供をベランダ・バルコニーでプール遊びさせる際の安全確認

子供をベランダ・バルコニーでプール遊びさせる際の安全確認

子供をベランダやバルコニーで遊ばせる時は、プール遊びに限らず絶対に目を離してはいけません。

親が側にいれば事故を防げるかもしれませんが、一瞬の油断で思わぬ事故に巻き込まれる可能性があります。

毎年起こる悲しい事故を防ぐため、子供から目を離さないことが何より大切です。

遊ばせる際は、安全面に細心の注意を払いましょう。

ご注意ください!窓やベランダからのこどもの転落事故-政府広報オンライン

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/202107/3.html

ベランダ・バルコニーでのプール遊び後の片付けと排水の注意点

ベランダ・バルコニーでのプール遊び後の片付けと排水の注意点

プール遊びが終わったら、一度に大量の排水はやめましょう。

ベランダやバルコニーの排水溝は雨水用なので、一気に排水するとあふれてしまい、近所に迷惑がかかる可能性があります。

少しずつ排水を行い、周りの環境にも気をつけましょう。

プール遊び後は、水はけの良い場所で水切りをしっかりし、風で飛ばされないように屋内に片付けましょう。

助手
助手

複数回に分けて排水するのがおすすめ♪
Twitterでもすごい事になった!って声があったよ!

マンション・アパートでのプールの選び方

マンション・アパートでのプールの選び方

マンション・アパートでプールを選ぶ時は、まず子供の年齢を確認しましょう。

次に、ベランダやバルコニーの広さを見極めることが大切です。

広いスペースなら大きめのプール、狭いところでは小さめのプールがおすすめです。

子供の年齢と、使う場所のスペースを考慮すれば、間違いなくベストなプールが選べます。

  • 対象年齢の確認

子供に合った年齢対象のプールを選び、しっかり見守ろう

子供が安全に楽しめるよう、プールの対象年齢を必ずチェックしましょう。

家庭用プールは子供も喜ぶ良いアイテムですが、危険も伴います。

事故を防ぐため、子供の年齢に見合ったプールを選び、 遊んでいる間は絶対に目を離さないよう気を付けることが重要です。

楽しい思い出を作るなら、安全対策もしっかりと行いましょう。

消費者庁 「家庭用プールでの事故に注意しましょう!」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_001/mail/20200702/
ベランダ・バルコニーのスペースに合わせてプールサイズを選ぼう

マンション・アパートのベランダやバルコニーは広さが違います。

参考までに一般的な3タイプのサイズを紹介しましょう。

ワンルームなら100cm以下普通のベランダなら100cm〜150cmさらに広ければ150cm〜200cmが目安になります。

実際のスペースを確認し、置ける広さに合わせて 適切なプールサイズを選びましょう。

ベランダの形状次第では大きすぎるプールは邪魔になるかもしれません。

サイズ奥行き
ワンルームのベランダ・バルコニー100cm以下
一般的なベランダ・バルコニー100cm〜150cm
一般的なベランダ・バルコニーそれ以上のサイズ150cm〜200cm

ワンルームのベランダ・バルコニーに合うプールサイズ

ワンルームのベランダやバルコニーは奥行き100cm以下が一般的です。

狭いスペースには小さめのビニールプールがおすすめです。

大きすぎるプールを置くと、通れなくなったり危険だったりします。

スペースに合わせて適切なサイズのプールを選びましょう。

ちょっとしたスペースでも子供は喜んでプール遊びができますよ。

100cm〜150cmの一般的なベランダ・バルコニーに適したプールサイズ

普通のベランダやバルコニーでは奥行き100cm〜150cmが一般的です。

この広さならやや大きめのビニールプールがおすすめです。

子供が思い切り動き回れる程よいスペースを確保できます。

プールの大きさが場所に合っていれば、楽しくプール遊びができるはずです。

でも、あまり無理な大きさはベランダに圧迫感を与えてしまいます。

広めの150cm〜200cmベランダ・バルコニーに最適なプールサイズ

ベランダやバルコニーが広め、奥行き150cm〜200cmくらいあれば、 かなり大きめのビニールプールを置くことができます。

そうすれば子供たちが存分に遊び回れる広々とした空間が生まれます。

ただし、使わない時の片付けや収納場所には気を付けましょう。

助手
助手

実際に購入する際は一度、
お住まいのベランダサイズを
調べて購入してください!


日よけ・ケガ防止に役立つ仕掛け付きプールを選ぼう

日よけ・ケガ防止に役立つ仕掛け付きプールを選ぼう

夏の日差しやケガ防止のため、仕掛け付きのプールを選ぶのがおすすめです。

屋根付きなら日よけができ、クッション付きなら転倒時の衝撃を和らげられます。

こうした工夫で子供の安全性が高まり、安心してプール遊びを楽しめます。

機能性とデザイン性を兼ね備えた仕掛け付きプールで、快適な夏を過ごしましょう。

  • 日よけ対策に優れた屋根付きプールのメリット

日よけ対策に優れた屋根付きプールのメリット

日差しが気になる方におすすめなのが屋根付きのプールです。

別でタープテントを用意するより、コストを抑えられます。

ただ日よけができるだけでなく、屋内でボールプールとしても活用できます。

長期間、様々なシーンで子供と遊べる優れものです。

屋根があれば肌を守りながら、思い切り外でプール遊びを楽しめます。

室内で使う時も安心して遊ばせられる万能アイテムなのです。

しんぴー
しんぴー

熱中症などのリスクも解消できて
楽しく遊べるよ♪

転倒時の衝撃を和らげるクッション付きプールのメリット

子供がプールで転んだ時の衝撃を和らげるため、クッション付きのプールがおすすめです。

ベランダやバルコニーの床は硬いことが多く、ビニールプールだけだと大怪我の恐れがあります。

しかし、プール底面にクッションが付いていれば、転倒時の衝撃を最小限に抑えられます。

クッション付きプールがない場合は、ジョイントマットなどで代用するのも一案です。

子供の安全を守るためにも、柔らかい素材のプールを選びましょう

助手
助手

クッションはかなり重要!
ケガ防止だけでなくて
座ったりする時にも重宝するよ♪


プール遊びがもっと楽しくなる!便利な小物アイテム2選

プール遊びであると便利な小物アイテム

プール遊びの際に役立つ小物アイテムを2つご紹介します。

  • 電動ポンプ
  • マット

こうした小物を上手に活用すれば、プール遊びがより楽しく快適になるはずです。

プール遊びの準備と片付けが楽になる電動ポンプのメリット

プール遊びの際は電動ポンプを活用するのがおすすめです。

手動で空気を入れるのは大変な作業で、時間がかかり体力も消耗します。

一方、電動ポンプを使えば簡単に膨らませられるので準備が楽になります。

空気を抜く機能付きなら、片付けの手間も省けます。

電動ポンプがあれば、親子で体力を残したままプール遊びを楽しめます。

手軽に設営・片付けができる電動ポンプは便利なアイテムなのです。

しんぴー
しんぴー

一緒に「電動ポンプ」を
買うのはおすすめです

助手
助手

「電動ポンプ」まで要らないよ
という方はお馴染みのコチラ↓

転倒防止とプール長持ち術!マットの活用がおすすめ

子供がプールで転んでケガをするリスクを避けるには、マットを敷くことが重要です。

硬い床にビニールプールを置くだけでは危険です。

クッションマットやジョイントマット、専用のプールマットなどを使えば、転倒した際の衝撃を和らげられます。

マットを敷くことで、プール本体の摩耗も防げるでしょう。

安全対策とプール長持ちのために、マットの活用をおすすめします。


マンション・アパートでも遊べる?選び方と便利なアイテム紹介!【まとめ】

マンション・アパートでも遊べる?選び方と便利なアイテム紹介!【まとめ】

マンション・アパートでもプール遊びを楽しめます。ポイントは次の3つです。

  1. ベランダでは騒がず、排水にも気をつけるなどのモラル・マナーを守ること
  2. 対象年齢と広さに合わせて適切なプールサイズを選ぶこと。
  3. 屋根付き、クッション付きなど機能的なプールを選ぶこと。

さらに、電動ポンプやマットなど便利な小物アイテムを活用しましょう。

準備や片付けが楽になり、安全にプール遊びを満喫できます。

ルールを守り、上手に小物を使えば、狭いマンション・アパートでも快適です。

お子さまと思い切り楽しめる夏になりますよ。


しんぴー
しんぴー

この記事が少しでも、
見てくれている皆様の
お役に立てばと思います。
では、また他の記事で^^

助手
助手

「プール・遊び道具・浮き輪」関連記事はこちら