「ディズニー英語」無料サンプルプレゼント!

何歳からほくろは現れる!?子供達の生まれつきのほくろと安全な除去法とは?

スポンサーリンク
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
当サイトは記事内に広告を含む場合があります。
何歳からほくろは現れる!?子供達の生まれつきのほくろと安全な除去法とは? 子育て情報
この記事は約6分で読めます。

「ほくろ」は、私たちの顔や身体に自然に現れる印象的な特徴であり、その大きさや目立ち具合は人それぞれです。

多くの人にとって魅力的な点とされる一方で、目立つほくろに頭を悩ませる人も少なくありません。

しんぴー
しんぴー

子供たちでも悩んでいる子いるよね……。

本記事では、生まれつきのほくろがどのようにして形成されるのか、そして安全にどう除去することができるのかについて詳しく説明します。

ほくろに関するお悩みを持つ方にとって、有益な情報を提供します。

しんぴー
しんぴー

この記事が少しでも、
見てくれている皆様の
お役に立てばと思います。

さっそく見ていきましょう!

shinpeee

初めまして、しんぴーです!
(男の子・小6:男の子・小4:女の子・小2=3児パパ)
【3児のパパガー】が「ちょっとずるい!?0歳〜12歳までを対象とした“神サービス“」を発信、運営してます
少しでも皆様のお役に立てればと思います。応援よろしくお願いします^^

shinpeeeをフォローする
スポンサーリンク
ほくろの基礎知識 なぜできる?その変化とは

通常、私たちがほくろと呼んでいるものは、医学界では「メラノサイトネヴァス」と称され、皮膚の良性の腫れ物の一種に数えられます。

ほくろの特徴は、その大きさ、形、色は、メラノサイト(色素細胞)の集まりの深さや密度、色素の濃さによって決まります。

加齢に伴い、新たにほくろが現れたり、既存のものが大きくなったり、色が濃くなったり、硬くなったりすることも珍しくありません。

幼少期には見当たらなかったほくろが、気がつけば肌に現れていることに、思わず首を傾げることもあるでしょう。

しんぴー
しんぴー

日本語では、母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)って言うよ!

生まれつきのほくろ: 遺伝がカギを握る

生まれつきのほくろ: 遺伝がカギを握る

ほくろは、生まれながらにして持つものと、後から現れるものの二種類があります。

「先天性」というのは、生まれた時から存在することを意味し、そのようなほくろが形成される主な理由は遺伝だとされています。

例えば、もし両親がほくろが目立つ体質を持っているなら、その子供にも生まれながらにしてほくろが多い傾向が見られることがあります。

実際に、ほくろの特徴は優性遺伝によって子どもへと受け継がれることが多く、片方の親でもほくろが顕著であれば、子どもにもほくろが多くなる可能性が高いことが知られています。

生まれつきほくろができる理由: 胎児期の色素細胞の動き

生まれつきほくろができる理由: 胎児期の色素細胞の動き

先天性ほくろは、胎児が母親の子宮内で発育する過程で形成されます。

この過程では、赤ちゃんの細胞が分裂し、徐々に胎児の姿を形成していきます。ほくろは、この細胞分裂の中で色素細胞が増えることにより生じるとされています。

具体的には、色素細胞が神経系から皮膚へと移動し、分裂・増殖していく過程で発生する微小な誤差がほくろを形成します。これらは体の機能に影響を及ぼさない良性のものが大半を占めます。

何歳ごろから子どもにほくろができる? その理由

何歳ごろから子どもにほくろができる? その理由

子どもに新しく「ほくろ」ができるのはいつからか、というのはよくある質問です。ほくろは、色をつける細胞が作るメラニンによってできる、肌の良い変わりようです。この変わり方の主なわけは、太陽の光があたることです。ほんとうに、1歳や2歳のころから、ほくろができ始めるこどももいます。

太陽の光で肌がやけると、体の中の遺伝子がこわれてほくろができやすくなります。歳をとると、ほくろが増えることが多いです。体のつくりや家族のひとがほくろが多いかどうかも、ほくろができやすいかどうかに大きなかかわりがあります。

なぜほくろは人によって多いの?紫外線と遺伝の影響

なぜほくろは人によって多いの?紫外線と遺伝の影響

ほくろができる原因として、紫外線の影響が大きいとされています。また、ほくろの数には遺伝が関係しているとも言われているので、ほくろが多い家族の場合、子供にも同様にほくろが多く現れる傾向があります。

同じ量の紫外線を受けたとしても、ほくろの多い人と少ない人がいるのは、遺伝の影響によるものです。親から子へほくろが遺伝するという事実は非常に興味深いです。さらに、個人の体質によってもほくろの出現パターンは変わってきます。

ほくろを増やさないための日常生活のポイント

ほくろの増加が気になる方へ、日常生活で簡単にできる対策をご紹介します。

ほくろやシミの増加を防ぐためには、まず紫外線対策が必須です。

日焼けを避けるために、日焼け止めの利用、日傘を差す、肌を守る服を選ぶなどの方法があります。

また、ほくろに触れることは避けてください。

触ることで細胞が刺激され、ほくろが大きくなる可能性があります。

普段からこれらの簡単な対策を心がけることで、ほくろの増加を防ぎましょう。

ほくろは、医学や生物学的には特に利点がないとされていますが、日常では人を識別する手がかりになることも。

たとえば、双子の識別にほくろの位置が使われることがあります。

遺伝によって現れるこの特徴に、科学的なメリットは見出されていませんが、私たちの生活においては独特の役割を果たしているようです。

そうした点から、ほくろについてはまだ解明されていない謎が多く存在します。

ほくろの除去は位置やサイズによって考えられることが多く、多くの人がその安全性について疑問を持ちます。

実際、「除去を望む場合、大きな問題はありません」というのが専門家の意見です。

重要なのは、ほくろに応じた最適な除去方法を選ぶことです。

痕を残さない方法や再発を防ぐ方法がありますが、どの治療法を選ぶにしても、悪性でないことを確認するために医療機関での診断が不可欠です。

大きいほくろは医師に相談したほうがいい場合も

大きなほくろがある場合、専門医のアドバイスが必要な状況もあります。

「通常のほくろでは心配無用ですが、サイズが大きい、または気になる場合には、専門医と相談してください」と専門家は言います。

特に子どもがほくろを頻繁に触ることは避けた方が良く、良性か悪性かを判断するためにも、専門医による診断が重要です。

不必要に触って悪化させないためにも、早めに皮膚科を訪れることをオススメします。

良性のほくろはある程度の大きさで成長が止まりますが、子どもがしきりに気にするようであれば、安全のために専門医の診察を受けることが望ましいです。

ほくろ除去にはいくつかの方法があり、どれを選ぶかはほくろの状態によって異なります。

除去方法
  • レーザー
  • メス切除縫合

上記2つにしぼり解説します。

小さいほくろのレーザー治療: 効果と費用

良性かつ小さいほくろには、レーザー治療が適しています。

これは比較的傷跡が少ない方法ですが、一度の治療で完全に除去できない場合があり、自費での治療となります。

ほくろ切除の流れと保険の使い方

がんの疑いがある場合や症状を伴うほくろには、メスによる切除縫合法が適用されます。

この方法では局所麻酔後にほくろを取り除き、縫合することで治療が完了します。

この治療は保険適用が可能で、15分ほどで終了し、必要に応じて複数のほくろを同時に除去することもできます。

生まれつきの大きなほくろ【まとめ】

生まれつきの大きなほくろは通常良性で、細胞分裂の際の小さなミスによって形成されるため、大きな心配は不要です。

経過観察が推奨されますが、ごく稀に悪性化するケースも存在します。

また、大きなほくろを過度に触ることは避けるべきで、がん化のリスクを高める可能性があります。

見た目の問題で除去を考慮する場合は、美容的な観点から美容外科での処置がお勧めされます。

コメント